banner

価格に及ぼす影響

走行距離が中古車買取価格に及ぼす影響


中古車買取において確実にいえることは、走行距離が多くなれば多くなるほど、それに反比例して買取価格は低くなっていくということです。
もちろん、最も中古車買取価格が高いのは全く走行していない新車となります。
その次に中古車買取価格が高いのは、新古車や未使用車といわれる車です。
これらの車は、ディーラーや自動車メーカーが自動車の販売台数をのばすために作られたものです。
自動車の販売台数というのは、登録された台数が採用されます。
ですので、登録さえしておけば、その車が一般ユーザーに販売されていなくても、販売台数にはカウントされるのです。
こういった車は、買取価格も当然高いです。

ユーザーが車に乗って運転をした瞬間、その車は「中古車」となります。
中古車とは言っても、これも走行距離によっていくつかの価格の分かれ目があります。

まずは、距離が10000キロメートル以下の場合です。
このくらいの走行の距離ですと、かなり高い中古車買取価格が期待できます。
10000キロメートル以下ですと、普通の人が走行して2年未満ということです。
車の性能としては、ほとんどダメージはありません。
そのまま車検を通したとしても、問題なくパスできるほどです。

次は、走行距離が30000キロメートルです。
これくらいの距離となりますと、確実に1回は車検を受けていることになります。
車の性能としては問題のないところでしょうが、3年以上も乗っていると、さすがに内装やシートなどに少しダメージが出てきます。
内装のダメージによって、中古車買取価格が下がることがあります。

そして、走行の距離が50000キロメートルです。
このくらいの距離になりますと、内装だけではなく、足回りやエンジン部分にも多少ダメージが出てきます。
ブレーキパッドやタイヤブーツなど、足回りにダメージをきたすことが多くなります。
自分でメンテナンスをしていないと、エンジン系や油圧系もダメージを受けることもあり、価格に影響しかねません。

最後に、距離が100000キロメートルの場合です。
この走行距離は、タイミングベルトを交換するタイミングとなります。
タイミングベルトの交換は、かなりお金がかかることが多いです。
タイミングベルトを交換済みの車を買い取りに出すのであれば、値落ちは最小限に防ぐことができます。
しかし、タイミングベルトを見交換の場合には、値落ちは覚悟しなければなりません。

これらはあくまでも目安であり、実際には車の状態によって変わります。

Copyright(c) 2014 中古車の買い取り基準教えますAll Rights Reserved.